Author: kyokushin

  /  Articles posted by kyokushin

中学受験が今はいい思い出になりました。麻布中が目標で日能研でも麻布クラスの前列が定位置。前列から落ちたことはなかったからほぼ行けると本人も家族も、日能研の先生たちも思っていました。結果発表は2月3日。節分どころではない。私は会社を抜けて坂道を歩いていました。先に見に行っていた親子が泣きながら下りてきたかと思えば、封筒を抱えた笑顔の親子もいました。「あの封筒か、もらって帰るのは」と思いながら先を急ぎました。ドキドキしたのは大人げないけど本当です。掲示板の番号を何度も見直したっけ。「えっ」、「そんな訳はない、見落としたかな、、、」、何度見ても番号は見当たらなかった。電話をしました。「番号なかったよ、、、」言葉にならなかった。「えっ、そんなあ、、、」妻の震えた声が耳に残った。長男はその日も受験だった。 あれから21年が過ぎました。今は循環器系内科の専門医。紆余曲折あれど何とかなって良かった。空手は大学2年生の時に辞めさせたというか、強制的に辞めてもらいました。「今は空手をやってる場合じゃない。医学部の勉強に専念しなさい」、怪訝そうな顔をしながらも「うん、わかった」。親に安心をさせておかないとと思ったのでしょう。息子は大学の空手部を辞めず、黒帯まで取ったことを卒業式の時に知らされました。結果オーライか、、。 子の受験にお金を使いすぎると、ふと我に返ったときに老後の資金が足りないことに気づきます。子の受験に入れ込み過ぎると自らの首を絞めてしまうようです。医学部受験も、医師国家試験も紙一重。心もとない橋をなんとか渡って来ました。振り返ればすべて運が良かったように思えます。

ヘッドガードなしのジャパンアスリートカップにケイタ参戦。2週間前のリアル上位入賞者、総極真入賞者、全極真入賞者がことごとく敗退して行く中、愛知の七州会の選手、沖縄の白蓮会館の選手に勝って3回戦迄駒を進めたケイタはフェラーリの様な速射砲を連打する相手(正道会館佐賀の黒帯)に惜敗。 アルト君との再戦は次の試合に持ち越しだ〜。 遅咲きのケイタ、全国には、あと10人は越えないといけない相手がいるなあ、頑張れケイタと思いながら新幹線に乗ったら、隣りでバスケの試合動画を見てました。中学生になったらバスケ部に入るらしいです。 池袋では柚井先生が元池袋本部道場を借りて内弟子稽古会を開催して頂き、浜井会長をはじめ横浜田中道場生他、力謝会メンバーが集まる場となりました。柚井先生、ありがとうございました。

今日1月15日は駒沢で極真支部長会統一大会が行われアベさんは惜しくも初戦敗退。黒帯相手にほぼ互角でした。仕事も空手もよく頑張ったと思います。応援メンバー、ありがとう😊 神戸ではリアルチャンピオンシップ全国大会が開催されアリーナの3階席迄満席の大会でした。正道会館、真正会、その他西日本の強い道場の方々も多く、関東中心でやってきた我々もいい刺激をもらいました。カズフミ、リョータ共に僅差で初戦敗退だけどワッペンベタベタの相手と正道会館の強い相手に全く下がらずいい試合だった。カッコいいじゃないか。 ケイタは何やら前日にUSJに行ったらしく歩き過ぎて右足の痛さが残っての2回戦進出。延長で1対2で泣いてました。悔し涙かと思いきや、「右足が痛い」、おいおい、スーパーマリオになって戦うんじゃなかったのかい? なんだかUSJの色とリアルチャンピオンシップのライトアップの色が似てるけど気のせい? 私は昨日、3年ぶりに一人で暮らす母親のもと、宝塚へ。コロナ禍だったので久しぶりの再会。もう埼玉県には戻らないみたい。子供達の頑張りで母に会えたことに感謝です。 土日いつも通りの稽古。指導してくれた方々、ありがとう!

年末〜正月とずっと掃除と筋トレ、そしてパーソナル稽古が始まっていて、なんだか休んだ気がしない。 今日の稽古の中で、子供達には、ごまかして成功するよりも、堂々と失敗する方がスッキリすると伝えた。子供達の目は真っ直ぐだった。 成功の秘訣を聞きとってノートに書きしるすよりも、なすべき一つ一つの事を全力でやり通す事が大事だとも伝えてみた。 子供達の心に届け。ちっぽけなカケラ。 今年もこんな毎日。それでいい。

上を見ない。下も見ない。 前だけを見て、時々振り返り、自分で歩いてきた道に励まされたら また前を向いて歩いて行く。 泣きたくなる日もあれば、眉間に皺が寄る日もあった。 今日のことは今日のこと。明日はきっといいことがある。 そう思いながら来年もやって行こうと思う。 2023年まであと少し。 「来年も、いつも自分自身にチャレンジして行かねば気が済まない。」 自分より自分のことを知ってる自分が居て 自身の生きる力をどこかで信じている自分がいるようだ。

クリスマスイブも、クリスマスもいつもと変わらない稽古でした。ただクリスマスイブは長津田・みすずが丘・すすき野の三か所で「100人スパーリング」を行い、皆さん見事に完遂されました。そして本日クリスマスは長津田・みたけ台・すすき野で「1000本突き」と「相撲大会」を行いました。特に相撲大会は盛り上がってました。子供達に達成感を味わってもらいたということと、足腰を鍛えようという思いから計画していたクリスマス企画でした。メリークリスマス!

本日埼玉県吉川市で開催されたジャパンアスリートカップに3名が参加させて頂いた。そのうち中3男子55kg以上でショウヤ優勝、成嶋道場の生徒さん、ショウヤより背が高かったからビックリ。決勝は淑徳巣鴨中等部の黒帯。淑徳の強い生徒さんに中段逆突きで技あり。圧巻の勝利でした。小4男子30kg以上でケイタ準優勝。相手はJKJOのチャンピオン。あと少しでした。最強のアルト君に少し近づけたかな。もう一人、小3男子のコウタロウは僅差で惜しくも敗退。みんな寒い体育館で怪我もなく全力を尽くしたと思います。悔し涙も3分で元に戻ってました。それも素晴らしい。 とは言え、うちの道場では試合に参加していない子供達、試合を目的にしていない子供達が大半なので、土日の稽古はいつもと変わらないものでした。見学の保護者の方々も寒い中、いつもご苦労様です。子供達にはアルゼンチンのメッシとアルバレスのようにあきらめないで、粘って粘ってチームを勝利に導くような人になって欲しい。

母校の空手部のHPにこんな記事が出てました。 12月11日(日)に開催された第50回全日本空手道選手権大会において、大野ひかる(H27卒)、西山走(H30卒)が見事優勝を果たしました!大野は3連覇、西山は初制覇です。 また、大内美里沙(現3回生)が準優勝、清水那月(R2卒)が第5位に入賞と、輝かしい戦績を残しました。 空手を始めたきっかけは、この空手道部。大学を卒業したら部活の先輩達からのお誘いで会社に入って社会人になるというのが、なんとなく抱いていたイメージでした。だから空手部は就職の為の手段、くらいにしか考えてなかったかもしれません。しかし現実は違っていて、就職はかなり手こずり、ようやく京都のセラミック会社に落ち着きました。 しかし空手道部の型は女子では全日本一位、三位、五位を独占。男子も一位。素晴らしい。昔、岩倉に道場があった頃の空手部とは大違いだ。いじめばかりで試合というと勝てないし、部員は男子のみ。それも1学年に3-5人ほど。 型は背中と肩甲骨で表現するもの。そんな気持ちで型を練り直してました。 剛柔流、芦原道場、極真会館ときたものだから部位鍛錬、ツカミ、サバキが入ってきてしまう。この子達には身を守る技も教えてあげよう。

今年も残すところあと20日あまり。 k先生の声掛けで仲良しメンバーが集まりました。いい事、悪い事を会長が洗いざらいしゃべっていると、k先生が「神様は見ていてくれますから」と、相槌を入れることに。しかし会長は「そうだな」とは言わず、「いくら頑張っていても、最近の神様は見ていてくれないんだよ。強い方に神様も付いてるから困ったモンだ。」とすかさず返される会長。腰と膝の手術をされた時はいつもの覇気もなく、このまま弱っていかれるのかと危惧しましたが、今日は元気でした。先生方、お疲れ様でした。

Close

極真空手道場|極真会館 横浜田中道場|横浜・青葉区‐あざみ野、たまプラーザ、江田、鴨志田、鉄町、大場町、桜台、みたけ台、青葉台、藤が丘、黒須田、荏子田、すすき野、市ケ尾、元石川、新石川、長津田、長津田町、十日市場、つきみ野、すずかけ台、南町田、つくし野、恩田、田奈、川和、荏田、荏田西、川崎多摩区生田、南生田、川崎宮前区菅生、犬蔵、水沢、三田、初山、潮見台、川崎多摩区長沢、東百合丘、王禅寺、護身術、空手教室、キッズカラテ

お電話・ご予約

田中空手クラブ新石川道場

〒225-0003 横浜市青葉区新石川4-32-12

エスポワールMK B1

E-mail: amino1958@ezweb.ne.jp

Tel. No.: 080-6781-6658

About