代表のブログ

  /  代表のブログ

今週の日曜に昇段審査を行います。6年生重量級が二人初段にチャレンジしし、高校2年生重量級一人が弐段にチャレンジします。 この3人に共通してることは試合で成果を残してきたということ。高校生は空手をやりながらもキックの試合に出てみたいというので、ジムを紹介してみようと思ってます。キックボクシングで稽古を積んで一般部空手の試合にも出て行って欲しいと思います。6年生の生徒も高校生になるぐらいまで続けて居たら、そうとう強い一般部の選手になるだろうと思ってみています。がんばれ、連続組手。

心が怯えている時 足がすくんでしまってる時 迷っている時 私は、決まって怪我をした。 「ヨシ、いっちょやっているぞ」と踏ん切りをつけた時 「相手は強い、でも自分にはチャレンジする強さがある」と開き直った時 私はスーパーマリオから、決まってメタルマリオになりきって相手を圧倒し怪我は皆無だった。 今週、そんな話を子供達に伝えています。すべては「心の有り様だ」と。 実はサラリーマンの時の難題も、すべてこういう具合にやり切ってこれたように思えます。

私は機械じゃない。機械のように生きる人生なんてまっぴらごめんだと思っていました。世の中には私のように思う人が他にも居ました。譜面通りに弾かないと厳しく叱った母親のやり方に合わず、譜面の裏側にある霊感を感じて弾くという。魂のピアニスト。私は何故か、この人にずっと魅かれて事ある如くに、「奇蹟のラ・カンパネッラ」を聴いてきました。魂で奏でるピアノ。人生の師であるその方は2024年4月21日 午前3時25分すい臓癌の為、92歳で旅立たれました。四十九日は6月8日。その日がフジコ・ヘミングさんとの最後のお別れになります。魂の交信が出来る四十九日まであと僅か。日々大切に生きて行こうと思います。合掌。 今日は春の昇級審査会でした。そして大阪ではJFKOの世界大会選抜大会が行われていました。夕方、新極真会・JFKO事務局の高野先生からお電話を頂戴し、入賞者全員との記念撮影があるので浜井会長の遺影を持って一緒に参加して下さいとのお話を頂きました。新極真様は事あるごとに心のこもったご配慮を頂戴し心より感謝申し上げます。今日は私が横浜に居るために浜井派金沢支部の中島先生が代わりに遺影を持って参加して頂きました。感謝感謝です。

現在、八か所で空手を教えてます。指導してくれている黒帯も増えてきたので徐々に任せて行けるようになってきました。子供達の成長とともに教えてくれている指導者一人一人の成長を見るにつけ大変有難いなあと思うようになってきました。女性指導者:3名、男性指導者:5名、そして私。 子供達がスパーリング中にかかとがぶつかり、壁に穴をあけたりしても、神妙な顔をして、申し訳なさそうにしてる姿をみると「まあしょうがないか」となって、業者の方と補修工事の打合せをし、保険の手配をして、雑務に追われる日々。まあ、これが人生か、しようがないや。 去年から湘南のとある小学校で、アフタースクールでも空手指導をすることになり、現在25名に悪戦苦闘しています。ここまでの間に「自由奔放すぎる子供達に手を焼いて、ここでの指導は無理だ」と投げ出しそうになること数回。都度、アフタースクールのスタッフさんたちに助けられ、何とか1年が過ぎました。 「人生、これは無理だ」と思ったところから始まるんだなあ。

当道場では極真空手の基本、移動、型、ミット、スパーリングのそれぞれの稽古を体験し身に付けて頂きます。下は3歳から上は80歳までの方々が参加してますが、幼稚園児・小学生が中心となって活動してますが、最近は保護者の方も一緒に参加するケースが増えて来てます。 当道場では試合参加もしますが、必ず試合にでなければならないものではありません。試合に出たいという人には様々な試合を紹介し、日々の稽古を重視される方は、毎日の稽古を充実して頂きます。 いつも願ってることは、「普通のことを普通にこなし、元気で明るい子供が育ちますように」という極々在り来たりなことです。 最近の中学校の人気部活は、バスケットボール部、サッカー部らしいです。部活、がんばれー。 小学生の人気はどういう訳か「太鼓の達人」。練習が終わると叩いてます。家ではうるさいと叱られるようなので道場でずっと叩いてます。まあいいか。

昨日の極真拳武會の試合で4年生上級軽量級でカズ〇ミが優勝。おめでとう。やっぱり練習は嘘をつかないなあ。 ケ〇タは土曜に足を痛めて練習を見学していたというのに、よく出たものだ。ミ〇もローが良くなってる。ユズ〇はインローが良くなってる。このケ〇タ、ミ〇、ユズ〇には共通点が。三人とも50m走が苦手。 コラー、もっと走ってこいー。っていいたいくらいに苦手と、きたから困ったもんだ。 プロ野球、サッカー、ラグビー、バスケットボール、バレーボール、テニス。どのスポーツでも走らない競技はないよ。すべては下半身強化からです。特にケ〇タ、ミ〇、ユズ〇。

試合クラスを創ったのはケイタを強くする為でした。今から5年前にIBKO全国大会に出たものの大阪のA君にコテンパンにやられた姿を見て、この子を強くさせてあげたいと思って笹井先生と3人でやり出したクラスでした。6年生から中学生にもなると中学受験や部活などで空手とは距離を置いていくもの。空手クラブも徐々に代替わりが進み、試合クラスメンバーも中心はケイタの下の学年になって来ました。 そんなケイタは昨日で12歳。大山総裁の命日でもありました。

多くの子供達とマスターズの方々の真剣な眼差しと凛とした姿勢は観ていて気持ちいいものでした。また今回、護身空手エキジビションの試合はどれも素晴らしい攻防があり見ごたえのあるものでした。今回のエキジビション6試合すべてがハイレベルでした。 反省点としては横浜田中道場だけで94名の子供達を連れてきたがために、試合の呼び出しが聞こえず「失格」となってしまった子供が3名出てしまったことです。20-30名の参加にしておけば、そんなことにはならなかったのに。その保護者の方々にはお詫びをもう押し上げ再発を防いでいくことをお伝えした次第です。 またみんなの声を聞かせてもらい改善点を見つけ出していこうと思います。皆様、ありがとうございました。

今週14日、駒沢オリンピック公園屋内球技場で第2回極真&拳真グランドフェスティバルが開催されます。横浜田中道場から94名が参加する予定です。一つの道場でこの人数が参加するのは多すぎるかもしれません。でも保護者の方々のお力をお借りしてみんなが精一杯戦って、一人一人が主役の一日を経験してもらいたいと思ってます。お世辞にも型が上手いとは言えなかった子も、毎週少しづつコツをつかんできたようで空手らしくなってきたりしていて、正直なところ自分の想像以上の成長の跡を見せてくれてます。組手も、すぐに下がってしまう「逃げ腰組手」だった子も今日のスパーリングでは下らず上段を蹴れるようになってました。子供達の成長を、こんな短期間で目の当たりに出来るとは思ってもいませんでした。子供達の可能性には本当に驚かされます。ところが上級クラスのメンバーは怪我人続出。啓〇君は14日には間に合いそうにありません。しようがないや。ということは今回は初級、中級の人たちの出番だ。がんばれ~。主役は君だよ~。

今日3月31日のIBKO東京都空手道選手権大会の結果です。●小4男子上級悠雅二回戦進出●小4初級資恩準優勝🥈●小6男子上級43以上啓太準優勝🥈●Under13男子48以上颯人優勝🏆WC出場権獲得。よく頑張りました。ほどよい緊張のあとに本気になる瞬間があって、涙と感動がありました。よく頑張ったね。挨拶を知って、自分の弱さも知って、自分を信じる機会を得てくれたら、それで良し。 うちの本部道場から車で7-8分のところに「秋山木工」という工務店様があります。人を創る工務店様で有名です。「4,5年間、本気でやれば必ず技術は身に付きます。まず親孝行ができ、周りの人々を喜ばすことができ、世界を変える事もできます。感動の人生が待っているのです。秋山 利輝」 秋山社長80歳。まだまだシャキッとされてる。私より15歳も年上。この社長を見ていると人を育てるのに年齢は関係なしだといつも思います。

Close

極真空手道場|極真会館 横浜田中道場|横浜・青葉区‐あざみ野、たまプラーザ、江田、鴨志田、鉄町、大場町、桜台、みたけ台、青葉台、藤が丘、黒須田、荏子田、すすき野、市ケ尾、元石川、新石川、長津田、長津田町、十日市場、つきみ野、すずかけ台、南町田、つくし野、恩田、田奈、川和、荏田、荏田西、川崎多摩区生田、南生田、川崎宮前区菅生、犬蔵、水沢、三田、初山、潮見台、川崎多摩区長沢、東百合丘、王禅寺、護身術、空手教室、キッズカラテ

お電話・ご予約

田中空手クラブ新石川道場

〒225-0003 横浜市青葉区新石川4-32-12

エスポワールMK B1

E-mail: amino1958@ezweb.ne.jp

Tel. No.: 080-6781-6658

About