「ドイツW杯初戦のオーストラリア戦は試合終了まで残り8分となり、1-0で勝っていた。しかし、1点を取られたら 立て続けに3失点してしまった。失点すると精神的に浮き足立ってしまう。これが日本の欠点だ.。 きっと国民性 なのだと思う」-2006年のジーコのコメント。本当にそうだろうか?ザックジャパンはそれで負けたのだろうか?     地球は自転していて、その上に暮らす私たちは地球の重力によって回転運動をさせられている。つまり外力がある。   北半球では物が北(赤道から北極)へ向かうと東へ、東へ向かうと南へ、南(北極から赤道)に向かうと西へ、   西に向かうと北極方向へずれる。 つまり右へ右へと力を受けることになる。 南半球の力は物体を進行方向に 対して左にそらす力となり北半球と逆向きになる。 この力は物体の速度が大きく運動している時間が長いほど   大きな影響を受けるので日常の生活ではその力の存在は分かりにくい。 風呂桶に溜めた水や車を走らせた程度の   影響は非常に小さく、実質感じ取ることはできないでしょう。 しかし北半球で暮らしていると、太陽は西へ進んでいく。 逆に南半球の南極上空から地球を見ると右向きに回転している。  北半球の竜巻でも右巻きのものが観測されることはある。 せいぜい数キロメートル程度の気象現象なのだから   この力の原理に逆らうことはあるのでしょう。 南半球で三日月を見る時は、北に向かって立っている事が多く   右が東、左が西になる。 日時計の数字は反時計回りの左回りで8~12、1~4と並んでいる。   そんな南半球の力がどれほどブラジルのワールドカップに影響したかはわからない。 しかし6チーム中5チーム   が残った南米チームには確かに地の利があったのだろうし、優勝候補のスペイン、ポルトガル、イングランド、イタリア   があっさり負けてしまった結果を観ると、このコリオリの力が微妙な変化をもたらしたのではないかと思えてならない。     微妙な力で左右されるワールドカップの勝敗は運がある、ない、と簡単にかたずけるのではなく、はたまた精神的要素   が大きいと言い切るのでもなく、究極のアナログ的要素を膨大なデジタルデータを基に物理的に着地点を予測して   もらいたい。 スーパーコンピューター「京」が、ビッグデータ解析に関係するスパコンランキング「グラフ500」で   世界1位になったと6月24日に理化学研究所が発表したのだから、それをサッカーの勝敗予測に使ったとしたら   サッカーくじが破たんしてもおかしくはない。

「桜台の帝王。いやぁ、みたけの組長ったぁオイラのことだい。 腹だしユウちゃん、なんて呼んだ日にや 許さねえからな。 でもオイラと仲良くなりてえなら、聞いてやらねえこともねえよ」   「いくら腹を出しているからって、惚れちゃあいけねえよ、オイラも忙しいんでなぁ。横向くとこんな感じ」 「いくら小学生相手でもオイラ容赦しねえんだ。 ほらね、手も足も出ねえったぁ、このこっだぁな」 「でも、たまにはこういうことも」、「でもこれ、泣いてるんじゃぁねえぞ」、「ゴミが目に入っただけよ」 「ほら、この通り」、「男はつれーよ」、「みたけの組長だもんよ、泣いちゃあいられねんだよ」 「さあ、もういっちょ、いくか」 「隙があったら、かかってきなぁ~」 「いや、ちょっと、痛えじゃねえかよ~、やめろってんだい、痛いって」 「桜台の帝王にかかって来るなんて、根性あるじゃねえか。まあ今日はこれくらいにしといてやるか」 「まあ、こんな感じだよ。なんなら一緒にやってみっかい。オイラの指導は、ちい~と厳しいぞ」 「稽古が終ってもオイラはいつも元気いっぱいだよ」 「桜台の帝王ってみんなは言うけど、一人だけ叶わねえんだよな」 「ママ~、アイス頂戴~」、「ちゃんという事聞くってば~。ママ~。」 この桜台の帝王が、いつの日か極真の黒帯を締めてくれることを願ってやみません。

道端に咲いてる花は明日も咲こうと思って咲いてるんじゃない。今日を精一杯、今を精一杯咲いている。 鳥は明日も精一杯鳴くぞと思って鳴いてるんじゃない。今日を精一杯、今を精一杯鳴いてるだけだ。 今を命いっぱいに生きている。今を精一杯生きている。それが自分の役割なんだ。 今日のオリンピック開会式、みんな精一杯生きてる人たちがそこにいた。 今を、そして今日を、命いっぱい生きてる人はカッコいい。

茨城県で全日本ジュニアチャンピオンシップ選抜大会が行われていた頃、私は大森にいた。極真会館 力謝会主催の顔面あり・金的あり第1回プレ全日本大会が行われたのだ。士道館から添野総帥、大久保館長、村上竜司最高顧問、佐藤館長代行、国際F・S・A拳真館羽山館長らが列席の元、55kg~130kg迄の選手が対戦した。副審は仁心道場柚井知志師範、日本拳法の師範方で顔面あり・金的ありの試合が始まった。バッティングによる流血はあれど大きな怪我もなく終えられたことに感謝です。優勝は51歳、94kgの山本雅樹選手(ビクトリーカラテスクール代表)、準優勝は24歳、55kgのラスタ選手(キックボクシングRISEバンタム級2位)でした。 人がどんな試合を成せるかは、人がこれからどんなふうに生きていくかにかかっている。人を押し倒して生きていくのか、弱者に手を差し伸べて生きていくのか。今日、私はほとんどの試合の主審をこなした。試合前は喧嘩同然になってしまうのでないかと危惧していましたが蓋を開けたら参加された選手一人ひとりの真剣な眼差しと相手への尊厳を忘れない態度に救われました。浜井会長、菊〇先生、スタッフの方々、皆様に感謝です。

今日は茨城県で開催された全日本ジュニアチャンピオンシップ選抜大会で小学3男子重量級でケイタ優勝、大人初級40歳以上の部体重無差別でツヨシさんが3位入賞。4年のサノスケは57kgの相手によく戦った。一般中級に出場したトシヒロさんは惜しくも敗退。でもよく頑張った。 私はいつも思う。まぶしい自分になることも、良き友を得ることも、信念を発見することも、1年や2年じゃできやしない。いいものは時間がかかる。すぐに手に入るものは砂のように零れ落ちていく。本物を手にするのはなんて難しいんだろう。 今日の4人と、そして一緒にいてくれた陽子先生、同行したご家族にささやかな乾杯をしたい! よく頑張ったよ。

この6月、コロナワクチン接種の担当をしている長男からメールが来た。内科医は順番でワクチン接種をすることになってるらしい。大変だろうなと思っていた時だけに嬉しいメールだった。「いつもありがとう。健康に気を付けて頑張って」。そうだ今日は父の日だった。日曜の稽古が終わってからこのメールに気が付いた。空手クラブでも多くのパパたちが子供の様子を見に来てる。最近は在宅勤務が増えたためか平日のパパさんたちの見学も増えた気がする。私もそうだった。子供の成長が楽しみだった。今日はそんなお父さんたちに感謝状を贈ります。 【感謝状】 あなたは家族のために毎日頑張っています。よってその愛情と努力に心から感謝の意を表します。 令和3年6月20日  一同。

2003年1月の新聞の全面広告にガンジーの写真とともにこう書かれていた。「善きことはカタツムリの速さで動く」ーーーガンジー。当時私は44歳だった。心打たれた広告だったので今でも覚えている。学校の成績は中ぐらいで臆病な生徒だったガンジーは並外れた道徳心の持ち主だったと書いてあった。仕事に明け暮れ、出張・出張の毎日。道徳心という言葉すら使うことを忘れていた頃だった。到底、ガンジーのようなことは出来そうにないけど、この言葉だけは何度も噛みしめて行こうと心に決めて仕事と空手に打ち込んでいた。会社では昇進・出世の波にも乗りたかったし、子供の医学部受験もうまくいって欲しかった。そんな時に、一息入れて、あたりをゆっくり眺めてみなさいと言われたような気がした。 1日一歩、3日で三歩、三歩進んで二歩下がるという歌がある。そのころの私は二歩も下がったら、悔しくて夜も眠れず、二歩の遅れを取り戻そうと必死になっていた。成功を焦っていたのだ。あれから18年が過ぎ、今、キッズ空手の保護者の方々を見ていて、ふとこの言葉を思い出した。 カタツムリの速さは見落としがちで、それでは足らなさそうに思えて、じれったく思えて、もどかしいという顔に見て取れた。ちょうど自分も三十代、四十代はそんな感じだった。子供の成長に一喜一憂し、ハラハラドキドキしてしまう。私もまったく同じようだった。しかし安心しましょう。子供たちはカタツムリの速さ成長しているのだから。

夜23時~25時までの間、ゆったり音楽を聴いたり、本を読んだり、椅子に座ってただボーっとしている。1日の中の自分一人の時間が取れることが何より嬉しい。仕事でも、新たな取組でも壁が立ちはだかって身動きが取れなくなってしまう時がある。そんな時はじっくり考える時間が必要だと思う。私の夜の時間は貴重な時間だ。考える時間。心をニュートラルに戻すための大事な時間だ。そして自分の心の落としどころを探る時間でもある。「下手でも、みっともなくても、毎日やり続ければ能力になる。」、 ただそのことだけを頼りに毎日毎日同じことを繰り返している。毎晩エミリー・ブロンテに聞き、遠藤周作に尋ね、松下幸之助にうなずいている。空手は心だ。いつも心をニュートラルにしておかねば。そう思って夜の時間を大切にしている。下手でもみっともなくても毎日やり続ければ能力になる。子供達にそれをどうやって伝えようかと毎晩考えている。

5月30日、三か所で113名の昇級審査会を行った。コロナ禍であるために入室時にはマスク着用、アルコール洗浄、検温を行った。もちろん換気のために窓・ドアを開放して行った。 スパーリングでは出来るだけ異なる教室のメンバーを対戦相手に選んだ。いつになく真剣な顔だった。スパーリングでは保護者でなくても目頭を熱くする場面に何度も出くわした。子供達、そして一般の男性・女性の方のそれぞれの事情を背負った審査会は無事終了。お疲れ様でした。みんなよく頑張った。初級の子供達のスパーリングは腕力でもテクニックでもない。勢いと度胸だ。君たちはこの先、生きていけば、小さな峠を何度も登っていくことになる。そんな峠に出くわす前に少しくらいの度胸はポケットに準備しておかないと。がんばれ、ちびっこたち。

日曜日は毎週試合がある。先週の不甲斐なさを晴らすかのように清武会カップは勝ち上がって行った。2年生Ⅿかんた準優勝、3年生Sけいた準優勝、Sとうり3位、4年生は1.2フィニッシュ。Sひゅうま優勝、Wさのすけ準優勝、6年生Mせいたろう4位。よく頑張った。おめでとう。応援に駆け付けてくれた方々、指導者のササイ先生、ありがとうございました。 でも勝負はまだまだ。マラソンは始まったばかりさ。この子達が中学生になったらシニアの方々はまた大変な目に合い続けることになるかもしれない。今でも中高生に手を焼いているんだから。そして私は試合には行かず毎度のことながら日曜も4か所で稽古を行い、この子たちの後を追う子供たちを育てている。

今週日曜日は坂本派、来週日曜日は清武会。毎週毎週試合が続く。コロナ禍の中でも自分を磨いてきた成果を自分自身で見てきて欲しい。物事に取り組む姿勢が中途半端では結果は、きっとゼロだ。その一瞬を、その1時間を、その1日を精一杯頑張る。そんな取り組み方を教えてきた。中途半端はゼロ。ゼロ+ゼロ=ゼロ。そしてゼロ✖️ゼロもゼロ。子供達が成人するまでその事を忘れないで生きて行って欲しい。

力謝会のメンバーとなって1年半ほどが経ちました。元々、浜井識安氏とは10年前からお付き合いをさせて頂き浜井派神奈川県支部を立ち上げておりましたが、4年前に浜井派からは独立させて頂き、極真会館横浜田中道場として活動しておりました。その間も会長との関係は一切変わらずにおりましたが、会長がバトルフィットネスを開設し何名かが会長の元で稽古に励むようになり「力謝会」という空手団体を創られていました。ならばという事で気の合うメンバーが集まって出来た「力謝会」に当方も参加する事となった次第です。 昨日、バトルフィットネスのキッズ空手で浜井会長が体験の子供に空手を教えているところに自分も居合わせ、いつのまにか自分もその子と一緒に声を出していた。 「力謝会」にはこんな流れで自然に参加するようになりました。浜井会長と気の合うメンバーだから一緒にいて疲れないし、自然な流れのように思えます。そんな中、昨日、会長から柚井師範も加わったと聞きました。確か大自然流仁心会と名乗っておられたと会長にお話ししたところ海外のメンバーから何故、極真を名乗らないのかと言われていたところ浜井会長とのつながりから「力謝会」に参加されたと伺いました。やはりそれも自然な流れだ。

Close

極真空手道場|極真会館 横浜田中道場|横浜・青葉区‐あざみ野、たまプラーザ、江田、鴨志田、鉄町、大場町、桜台、みたけ台、青葉台、藤が丘、黒須田、荏子田、すすき野、市ケ尾、元石川、新石川、長津田、長津田町、十日市場、つきみ野、すずかけ台、南町田、つくし野、恩田、田奈、川和、荏田、荏田西、川崎多摩区生田、南生田、川崎宮前区菅生、犬蔵、水沢、三田、初山、潮見台、川崎多摩区長沢、東百合丘、王禅寺、護身術、空手教室、キッズカラテ

お電話・ご予約

田中空手クラブ新石川道場

〒225-0003 横浜市青葉区新石川4-32-12

エスポワールMK B1

E-mail: amino1958@ezweb.ne.jp

Tel. No.: 080-6781-6658

About