「ドイツW杯初戦のオーストラリア戦は試合終了まで残り8分となり、1-0で勝っていた。しかし、1点を取られたら 立て続けに3失点してしまった。失点すると精神的に浮き足立ってしまう。これが日本の欠点だ.。 きっと国民性 なのだと思う」-2006年のジーコのコメント。本当にそうだろうか?ザックジャパンはそれで負けたのだろうか?     地球は自転していて、その上に暮らす私たちは地球の重力によって回転運動をさせられている。つまり外力がある。   北半球では物が北(赤道から北極)へ向かうと東へ、東へ向かうと南へ、南(北極から赤道)に向かうと西へ、   西に向かうと北極方向へずれる。 つまり右へ右へと力を受けることになる。 南半球の力は物体を進行方向に 対して左にそらす力となり北半球と逆向きになる。 この力は物体の速度が大きく運動している時間が長いほど   大きな影響を受けるので日常の生活ではその力の存在は分かりにくい。 風呂桶に溜めた水や車を走らせた程度の   影響は非常に小さく、実質感じ取ることはできないでしょう。 しかし北半球で暮らしていると、太陽は西へ進んでいく。 逆に南半球の南極上空から地球を見ると右向きに回転している。  北半球の竜巻でも右巻きのものが観測されることはある。 せいぜい数キロメートル程度の気象現象なのだから   この力の原理に逆らうことはあるのでしょう。 南半球で三日月を見る時は、北に向かって立っている事が多く   右が東、左が西になる。 日時計の数字は反時計回りの左回りで8~12、1~4と並んでいる。   そんな南半球の力がどれほどブラジルのワールドカップに影響したかはわからない。 しかし6チーム中5チーム   が残った南米チームには確かに地の利があったのだろうし、優勝候補のスペイン、ポルトガル、イングランド、イタリア   があっさり負けてしまった結果を観ると、このコリオリの力が微妙な変化をもたらしたのではないかと思えてならない。     微妙な力で左右されるワールドカップの勝敗は運がある、ない、と簡単にかたずけるのではなく、はたまた精神的要素   が大きいと言い切るのでもなく、究極のアナログ的要素を膨大なデジタルデータを基に物理的に着地点を予測して   もらいたい。 スーパーコンピューター「京」が、ビッグデータ解析に関係するスパコンランキング「グラフ500」で   世界1位になったと6月24日に理化学研究所が発表したのだから、それをサッカーの勝敗予測に使ったとしたら   サッカーくじが破たんしてもおかしくはない。

「桜台の帝王。いやぁ、みたけの組長ったぁオイラのことだい。 腹だしユウちゃん、なんて呼んだ日にや 許さねえからな。 でもオイラと仲良くなりてえなら、聞いてやらねえこともねえよ」   「いくら腹を出しているからって、惚れちゃあいけねえよ、オイラも忙しいんでなぁ。横向くとこんな感じ」 「いくら小学生相手でもオイラ容赦しねえんだ。 ほらね、手も足も出ねえったぁ、このこっだぁな」 「でも、たまにはこういうことも」、「でもこれ、泣いてるんじゃぁねえぞ」、「ゴミが目に入っただけよ」 「ほら、この通り」、「男はつれーよ」、「みたけの組長だもんよ、泣いちゃあいられねんだよ」 「さあ、もういっちょ、いくか」 「隙があったら、かかってきなぁ~」 「いや、ちょっと、痛えじゃねえかよ~、やめろってんだい、痛いって」 「桜台の帝王にかかって来るなんて、根性あるじゃねえか。まあ今日はこれくらいにしといてやるか」 「まあ、こんな感じだよ。なんなら一緒にやってみっかい。オイラの指導は、ちい~と厳しいぞ」 「稽古が終ってもオイラはいつも元気いっぱいだよ」 「桜台の帝王ってみんなは言うけど、一人だけ叶わねえんだよな」 「ママ~、アイス頂戴~」、「ちゃんという事聞くってば~。ママ~。」 この桜台の帝王が、いつの日か極真の黒帯を締めてくれることを願ってやみません。

物理学に「はずみの原理曲線」というものがある。徐々に力を蓄えていくと、ある瞬間からその力が巨大なものとなって発生する事をいうらしい。この物理の原理と同じものが人間には備わっていると思う。それが潜在能力だ。これは長い時間をかけないと表面上に出て来ないし、またいつ出て来るかも分からない。人間の寿命が長くなったという事はこの潜在能力を引き出す期間が長くなったという事。だから40歳からでも、50歳からでも、また60歳からでも自分なりの人生を一歩一歩歩んで行けばいい。この潜在能力が未完に終わってもいいじゃないか。人生は今日が始まりなんだから。昨日まではリハーサル。今日から本番と思って頑張ればいい。自分なりの人生観を手にすると年を取るのも楽しくなるさ。まだ40歳、まだ50歳、まだ60歳なんだからと思うと、自分の潜在能力がいくらでも湧き出て来るように思えるから不思議だ。 今日のマスターズ全国大会、そしてシニア全国大会に出場した全ての人達は、自分の潜在能力を上手く引き出していたのではなかろうか。 人生、今日が始まりなんだから。 その事に気づいたのは34年前の1988年。スコットランドに1人で出張に出ていた頃。この白髪の老人(当時の現地法人の社長)に潜在能力の事を教わった。それからずっと続く会社員勤めを支えてくれた方でした。今、空手クラブのマスターズ、シニアメンバーはまさに潜在能力出現の原理を実践してくれている。みんな素晴らしいし、みんなカッコいい。

今日行われた坂本派全国型大会の結果です。参加5名中3名入賞。マスターズ女子 岡初段 準優勝シニア女子   堀口ニ級 優勝マスターズ男子 羽田一級 優勝 坂本派組手全国大会の結果です。参加1名。 少年部4年生 ケイタ二回戦。 アルト君に負けたのが一年生の全国大会。それから3年が経ちました。最近は出場すれば必ず入賞していたから今年はアルト君にリベンジと思っていたら、過去三回勝っていたシン君に判定負け。ケイタがアルト君を追っていたら他のみんなにケイタは研究されてました。不動明王様がアルト君へのリベンジはまだ先だよと言われていたようです。組手でも、型でも参加した多くのメンバーにワクワク、ドキドキを味わって欲しい。

先週の極真護身空手選手権大会の演武に続き、本日は3カ所に分かれて合計100名の審査会を行なった。お手伝いのスタッフさん達、送迎の保護者の方々、お疲れ様でした。 審査会の終わりには「何事も元気、やる気、根気、本気が大事なんだよ。頑張れ」と子供達の背中を押してみた。 子供達の心に熱い思いを届けたい。 子供達の心に本気の心を伝えたい。 「母の日」の審査会の後、久しぶりに一人で住んでる母親に電話をしてみた。声を聞くと空手の先生から一人の息子に戻ってしまう。昭和8年7月生まれの母にとって私は手のかかる子供だったようだ。空手クラブにも似たような子供達がいるけど、みな可愛いもんだ。

今日4月29日に代々木第2体育館で行われた「第1回全日本極真護身空手道選手権大会」が行われ、参加して頂いた選手の皆さんのスピードとパワーが去年のプレ大会より、増していたように思えました。素晴らしい選手ばかりでした。 今日の大会では横浜田中道場の少年部演武をさせて頂きました。にわか作りの演武でしたが子供達の成長を見るいい機会でした。演武の前に子供達に言ってきたことは「いっぱい失敗して来なさい。びくびくしないでのびのびやってみるんだ。そんな生き方が大事なんだよ」。今日の子供達は元気だったし、のびのびしていたし、子供達の一生懸命さが素晴らしかった。板割りも、組手も、型も、すべて元気よく前を向いていたのがいい。君たちは成長してるよ。よく頑張ったね。最後の岡さんの最破と征遠鎮も腰が落ちていて良かった。みんなお疲れさまでした。そして保護者の方々も雨の中、ありがとうございました。感謝・感謝です。 車で何人かを送ったあと、スマホを見ると柚井先生 https://www.bujutsudaishizen.com/teacher/ からのラインが。なんだろう。何か問題でもあったかなと思って見てみると柚井先生からの今日の演武に関するコメントでした。「まだ、真面目な道場が残っていた……良かった^_^」というのが本音です。大山総裁も喜んでいると思います。ありがとうございました。押忍。 なんと有難い! なんと嬉しい!  ありがとうございました。

今日は曇ったり、晴れたり、小雨がパラついたりの一日だった。空は快晴の日ばかりじゃないんだなあ。心を濡らす雨の日も、凍える雪の日だってある。でも実はそんな辛く苦しい日々が君を強くしてくれる。だから苦しいことから逃げちゃいけない。逃げたくてしようがない自分と向き合うんだ。それが本当の自分だ。泣きたくなる思いを経験した分だけ君は強くなっている。そんな君たちに代々木第2体育館で15分演武をやるっていうチャンスをあげよう。また君たちが一回り大きくなっていることを祈っているよ。がんばれ、HUGGY WAGGY

今の君は一本の痩せ細った若い苗木に過ぎない。幹も細く、遠くを見渡せる程の高さもない。台風や、激しい嵐や、雹やに倒れてしまう不安だらけの痩せっぽちだ。でも君は倒れない。きっとしっかり台地に根を張って、どんな風や雨にも立ち向かって行くはずさ。ずっとずっとそんなことばかり先生は言って来てる。君達の潜在意識に届けと毎回、稽古で言って聞かせて来たから、君の身体中に湧き上がる生命力と希望に満ちた根っこが君を支えてくれるはずさ。その根っこからいろんな物を吸収し、かんかん照りの真夏の太陽にも負けず、凍える真冬の寒さに耐え、青空に向かって大きく伸びて行きなさい。横浜田中道場はそんなちっぽけな樹が集まった森だ。そんな森の中で子供達に素晴らしい経験を掴み取ってもらうと思っている。

最近、試合クラスの参加者がやたらと増えたみたい。 それと女の子の入会が増えてる。なんでだろう? 世の中そういう傾向なんだろうか? いずれにしても無駄な努力をせず正しい努力をしよう。あんな風になりたいとか、誰々君みたいに強くなりたいとか思うのはいいけれども、いつしかその見返りを求める自分が居て、その見返りを求めながら苦しい努力を続けていると、その努力の結果、何も得られなかった時に、凄く人を恨む自分が居ます。なのでそんな努力はしない方がいい。努力を楽しむ自分が居て、一緒に練習出来ることが嬉しいし、その道を歩いている事自体が楽しいし、その先の優勝も、準優勝も、それは楽しさのおまけとして付いて来るもの。要は自分が届く所がどこなのかを分かってないと、報われない事に嫉妬し、人を恨むことに終わってしまうのでそんな生き方はしない方がいい。自分は本当は何をしたかったのかもっと見つめ直した方がいいに決まってる。明るく楽しく生きてるといつの間にか大きなトロフィーを抱える自分が居ます。

極真連合会主催の型全国大会が初めて開催されました。この大会の参加資格は極真会館所属である事。今回、うちの道場からマスターズ女子に2名エントリーさせて頂き2名とも入賞するなんてなんと素晴らしいことなんだろう。 笹井師範代 優勝 岡初段 3位 この2人は2017年坂本派型全国大会に出場し、やはり笹井師範代が優勝、岡初段は準優勝。5年ぶりの2人の出場で、やはり2人とも入賞。どこまで2人は仲良しなんだろう。それと先週東京武道館で開催されたリアルチャンピオンシップ選抜大会では息子ちゃんのケイタが三年生上級で優勝したとこで1週間のうちに親子で優勝するとはこれまた凄いなあ。この親子には特徴があって「底抜けに明るい」こと。この明るさって何より大事なことだとつくづく思いました。

今日は平塚で清武会トーナメントでした。組手は1年生:タイセイ優勝、二年生:カンタ優勝・ユウマベスト8。型は1・2年生の部で1年生:チサ準優勝、3・4年生の部で3年生:コウヤ準優勝、リュウスケ4位、5・6年生の部で5年生:マホ4位。 試合が昨日・今日と続きましたが稽古は変わらず行います。 私は多くの子供達に選抜試合だけではなく全国大会を味わってもらいたいと思っています。なので試合に慣れている子供達も、少しづつ慣れてきた子供達も、そして初めて試合参加する子供達も、すべての子供達と大人の人達に門戸を広げ、感動を味わってもらおうと思い、新たなチャレンジャー育成を続けています。勝負事ともなれば勝てば驕り負ければ意欲を失う面倒な自分がいる。利他の精神などバカバカしく思える自分もいる。また負けた。こんちきしょう。と投げやりになる自分もいる。でもそれでいいじゃないか。それが自分さ。またチャレンジしたらいい。背筋にず太い柱が通り、原石の反骨精神が育てばいい。

Close

極真空手道場|極真会館 横浜田中道場|横浜・青葉区‐あざみ野、たまプラーザ、江田、鴨志田、鉄町、大場町、桜台、みたけ台、青葉台、藤が丘、黒須田、荏子田、すすき野、市ケ尾、元石川、新石川、長津田、長津田町、十日市場、つきみ野、すずかけ台、南町田、つくし野、恩田、田奈、川和、荏田、荏田西、川崎多摩区生田、南生田、川崎宮前区菅生、犬蔵、水沢、三田、初山、潮見台、川崎多摩区長沢、東百合丘、王禅寺、護身術、空手教室、キッズカラテ

お電話・ご予約

田中空手クラブ新石川道場

〒225-0003 横浜市青葉区新石川4-32-12

エスポワールMK B1

E-mail: amino1958@ezweb.ne.jp

Tel. No.: 080-6781-6658

About